様々な引越しのパターンを想定する

引越し業者は、独自の見積もりの基準があるので他社の引越の見積もりと相違があったとしても、さほど価格的な値引きに応じない場合もあります。
84962708e1a5dfb796422aaa21f60874_s.jpg
トラックのサイズであったり、現場に入る担当者の人数が同じであれば、多くの場合大幅に値引きすることは難しいのです。

オプションでアンテナの取り付けと取り外しを行う方法であったり、それ以外のオプションをサービスでつけてくれたりすることはありますが、基本的な金額はやはり車と人の人数が基本となります。

このように考えていくと、運送をメインとしている業者に特定の物だけを依頼する対策で引越しをすると、かなり価格的に安くなる可能性があります。

1トン車で長距離を配送して格安でサービスをしている業者は、各都道府県で見つけることができるので、そのような業者に予約を取って作業してもらえば、主要な家具類なども全て移動して貰える可能性があります。

そうなると、残った衣類や雑貨類などを自前で移動することができれば引越しを完了する事ができるかもしれないのです。

このような運送業者の情報なども幾つも集めていけば、より効率的に引越しを完了する事ができるのです。大手の見積書だけで無く別のパターンもいくつもある事を考慮に入れておくべきです。

引越し料金の目安を知っておこう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年12月27日

flepdoe (15:46)

カテゴリ:引越しについて

« 繁忙期に引越の予約を取るときに | ホーム | 大手の業者の作業を動画で確認するように »

このページの先頭へ

エステの選び方