引越しで失ったものの数

96e09b3d9d425139459a42b08746f890_s.jpg

私は今回の引越しで、いくつか失ったものがあります。それは住みやすい家です。父の転勤で仕方なく、家を売ったのです。ここに戻ってくる事は、もうないからです。そして猫です。ずっとかわいがっていた野良猫ですが、引越しが決まって家がバタバタするようになってからは二度と現れなくなったのです。
あと一つは幼なじみです。私がこの家で生まれてからずっと仲良しにしている、同い年のおさななじみです。
二十四年間、ずっと一緒だったのです。高校も一緒、働いている会社も一緒でした。でも私は仕事を辞めて、家族と一緒に引越す事を決めたのです。本当は一人でここに残る事も考えていました。やはり会社を辞めて、おさななじみとも別れる事はとても辛かったからです。
でも私は最終的に家族を選びました.仕事は何でも見つかるでしょう。わがままさえ言わなかったら、どんな仕事でもできるのです。そして新しい友人だってできるでしょう。
離れていても、大事なおさななじみなのです。それは変わりません。だから私は引越しについて行く事を決めたのです。
でも思うのです。もしも引越しさえなかったら、今の私とは違う人生を歩んでいたかもしれません。そう思うと、不思議で仕方がないのです。

引越し 海外の注意点

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年1月22日

flepdoe (16:45)

カテゴリ:引越しについて

« 引越す時、犬は置いて行きました | ホーム | 協調性 »

このページの先頭へ

エステの選び方