割れ物の梱包作業

引越しで割れ物を梱包するときには、最大の注意が必要になります。適当にダンボール箱の中に詰め込んで行くと、持ち上げてみると割れ物同士が接触して音がする事があります。このような状態でトラックに積み込んでしまうと、道路を走ってるときの衝撃で割れてしまうのです。
26c59adc013878878d8a2716d84a71eb_s.jpg
なので、箱の中で割れ物が接触していると思えば、もう一度箱を開けて梱包作業やり直しになります。コップやお皿などは周りと接触しないようにダンボールでセパレートをキッチリすることです。もしくは新聞紙を丸めて間に全て押し込んでしまい。ガチガチに固めるのです。

大きく揺すっても陶器やガラスなどが接触しない状態が望ましく、ここまで綺麗に梱包するには結構な時間がかかってしまいます。なので、梱包作業を始める前に古新聞をいくつも丸めて用意しておくのです。

その状態で梱包していけば、要領が分かってきて作業スピードも上がります。以前に、ウイスキーやワインなどのボトルを大量に梱包したことがあるのですが、ボトルの間にダンボール箱押し込んでいく作業が結構面倒でした。

酒販店のダンボール箱を探してくることが先決だと思ったのです。ボトルの間のセパレート用のダンボールも見つける事ができれば作業は格段に楽だと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年8月10日

flepdoe (10:37)

カテゴリ:引越しについて

« 荷造り、もっと簡単にできないかしら | ホーム | 姉の引越しは簡単であったこと »

このページの先頭へ

エステの選び方