2014年12月アーカイブ

荷造り、もっと簡単にできないかしら

引越しの時の手続きって?→新婚 引越し手続き

私は今までに5回引っ越しました。
結婚前に2回、結婚後に3回で、今は持ち家なので、特別なことがなければもう引っ越しをすることはないだろうと
思っています。
結婚前の引っ越しは父母が主に働いたので、大変だったという記憶はあまりないのですが、結婚してからは自分達で
(というか、夫は仕事でいないので、ほとんど私が)全てを仕切ってやらなければならないので、それはもう大変でした。

1f0a7100593af6d272bf6d7484f6ba88_s.jpg
家族が増えれば荷物も増えますから、その荷造りはうんざりするくらいです。
不必要な物を処分しなければならないし、荷解きする時のことを考えて仕分けなければなりません。
おまけに当時は子供が小さかったので、荷造りする時間がとれなかったりで、「二度と引っ越しなんかするもんか!」
とぼやいたりもしました。瞬間移動で新居にそのまんま運べたら、どんなに楽でしょう!(ないない)
でもこの作業も悪いことばかりではなく、探し物が見つかったり、古い写真が出てきて思い出にひたったりすることも
ありました。ひたりすぎて、作業がはかどらないこともありましたっけ・・(ーー;)
今は引っ越し業者に頼めば、有料で荷造りもしてくれるそうですね。知り合いの話では、手際が良くて、きれいにやってくれるようです。仕事などで忙しい人には、本当に助かるサービスですね。
6回目の引っ越しはないとは思いますが、この先足腰が弱って、二階への上がり降りがつらくなったら、マンションに移りたくなるかもしれないなぁ・・と考える今日この頃です。

タグ

2014年12月16日

flepdoe (14:34)

カテゴリ:引越しについて

引越しを考え中です

34f38538a15d88bcfed36e723827cc9b_s.jpg

寂しいお話になりますが、引っ越しを考えてしまいます。家に居ては自分にとって良くないと厳しい判断をするからです。家とは、つまり実家です。このっまでは私の将来もダメになりかねません。過去に一人暮らしとかやったこと有るけれど、実家に逃げて来てしまったような私です。
そんな私でも、再度チャレンジすべきです。安倍総理が初期は駄目だったものの、二度目にはとりあえずの形を残したかのような、そういったイメージです。
安倍総理の任務や実績を私の引越しに例えるなんて、例えとして伝わりづらいのかもしれませんが、これもアイデアです。日記なんて、自分の為の物です。周囲に自分の事を知らせたくて書く日記も有れば、違った目線のブログもアリなのです。
私に似合う引っ越し先って、一体どこだろうと考えます。収入に見合う生活。身の丈に合う日常を手に入れねばなりません。10年前だったら、ある程度好きな所に引っ越せる安定感が有ったけれど、私はそのチャンスを自ら手放しました。
とりあえず今は自分の年齢を考えたり、パートナーの出産をいつごろに計画すべきか等、今しかできない事や順序を間違えぬように生きねばなりません。
学生のようにフラフラと出来るならば、海が近い場所に住みたいです。釣りがメインの生活です。魚が釣れるまで帰らないような、のほほんとした住まい環境を手に入れることが夢のようです。
現実は厳しいです。思うような日常を得られません。
静岡、山梨、長野、群馬、新潟、山形、京都、岐阜。この中でどこに引っ越したいかと、そんな究極の選択が有ったら、今の私ならば静岡県を選ぶのです。静岡と言っても東西に広いです。願いがかなうならば、美しい富士を望める所に引っ越したいのです。

タグ

flepdoe (14:30)

カテゴリ:引越しについて

このページの先頭へ

エステの選び方